「ラバッツア デカフェ」は濃いめでしっかり苦いコーヒーです

lavazza-decaf01

「しっかり苦くて、味の強いデカフェコーヒーってないのかな…」

と思っている方には、ラバッツアのデカフェがおすすめです。デカフェのコーヒーでしっかりと苦くて濃いものは、なかなか少ないのではありませんか?

ラバッツアはコーヒーの本場イタリアから生まれたブランドで、濃い目の苦味が特徴です。ドリップをする楽しみもありますよ。

この記事では、「ラバッツア デカフェ」について

  • そもそもデカフェとは
  • ラバッツアのデカフェをレビュー
  • 「ラバッツア デカフェ」の口コミ・評価

の順に紹介します。

苦味とコクがあるので、ミルクにもピッタリです。もちろん甘いものとの相性もバッチリ。

まずはこの記事で、ラバッツァのデカフェについて概要をおさえましょう!

そもそもデカフェとは

「デカフェってなに?カフェインレスと何が違うの?」

と思っている方に向けて、デカフェについて軽く説明します。

デカフェとは、フランス語で「カフェインを取りのぞいたもの」という言葉です。コーヒーはもちろんのこと、お茶や紅茶、コーラなどにもデカフェはあります。

カフェインが少ないので、コーヒーを飲みたい夜や、妊娠中でも楽しめるのが特徴です。

デカフェについて詳しく知りたい方は「デカフェとは?メリット・デメリットを解説!」をご一読ください!

デカフェについてざっくりと紹介しました。次はラバッツァのデカフェをレビューします。

ラバッツアのデカフェをレビュー

lavazza-decaf01
ここからは、ラバッツアのデカフェを実際にレビューします。

lavazza-decaf02
パッケージには「カフェインレス」と書かれたシールが貼られています。イタリアからの輸入なので、パッケージはイタリア語で書かれていますが、日本語のラベルが貼られているので問題ありません。

lavazza-decaf03

  • デカフェなこと
  • 挽かれたコーヒー豆なこと
  • 中煎りなこと

が書かれています。

lavazza-decaf07
うしろには日本語の説明があります。カフェインは90%以上カットとのことで、デカフェコーヒーの中ではカフェイン多めです。

とはいえ、ふつうのコーヒーと比べるとカフェインは10分の1以下ですね。

lavazza-decaf04
このように、しっかりと空気が抜かれた状態でパウチされています。ハサミでゆっくりあけましょう。

lavazza-decaf05
中を開けると、細かめに挽かれたコーヒー豆の粉が。開けた瞬間にコーヒーのよい香りがたちこめました。

今回は、これをメタルフィルターでドリップします。

lavazza-decaf06
1人分で6g(小さじで山盛り2.5杯ほど)の粉を入れて、全体をしめらせる程度にお湯を注ぎます。20秒ほどおいたあとに、残りのお湯を入れていきましょう。

お湯が落ちきる前に、フィルターを外してエグみまで入らないようにします。これで、ドリップは完了です。

次は、ラバッツアのデカフェについて味の感想を紹介します。

「ラバッツア デカフェ」の味

lavazza-decaf08

ラバッツアのデカフェは、

  • 苦味が強い
  • コクがありつつも、後味はスッキリ
  • ややナッツ感もあり、ミルクに合いそう

という味でした。力強い苦味があって、ミルクにも負けない風味が特徴です。

次はラバッツアのデカフェについて、口コミや評判を見ていきます。

「ラバッツア デカフェ」の口コミ・評価

ラバッツァのデカフェについて、口コミや評判は以下の通りです。

夜の濃いコーヒーを日課としてますが、「カフェイン控えたい」という目的で購入。
通常版より100円ほど高いですが、その価値があります。
引用:Amazon「ラバッツァ デカフェ (カフェインレス) VP 250g(粉)」

なんと言っても味が完全に私好みでした!酸っぱさがなく、深い苦味に、アイスコーヒーにして飲んでもいいぐらいの味です。時間が経つと普通のコーヒーよりは酸っぱさを早く感じる気がしましたが許容範囲内です。また絶対買います。
引用:Amazon「ラバッツァ デカフェ (カフェインレス) VP 250g(粉)」

夕方に飲んでも、ぐっすり眠れた。
粉は粒が細かくて、濃く入れると、味もまあまあ。良い買い物をしました。
引用:Amazon「ラバッツァ デカフェ (カフェインレス) VP 250g(粉)」

口コミでも、ラバッツアの濃い味に魅力を感じている方は多いです。しっかりとしたコーヒーが飲みたい方は、ラバッツアのデカフェが好きになるはずですよ。

力強い苦味がほしいなら、ラバッツアのデカフェを試してみては?

ラバッツアのデカフェについて、レビューや味を紹介しました。

コーヒーの本場であるイタリアで作られたものだけあって、本格派の苦味とコクが特徴です。

「デカフェって、味がうすいんだよね…」と思っている方は、ぜひ試してみてください。