【口コミ】デカフェのインスタントコーヒーなら「マウントハーゲン」がおいしくておすすめ

mounthagen_01

「デカフェのインスタントコーヒーを飲みたいけど、まずいものもあるし、どれにしたらいいんだろう…」

と思っている方。

デカフェのコーヒーはカフェインが取り除かれているので、夜にコーヒーを飲みたい方や妊娠中の方にピッタリです。

とはいえ、中にはコーヒーの風味が飛んでしまっているものや、安全ではない製法で作られているものもあって心配ですよね。

そこで、この記事ではマウントハーゲンの「オーガニック カフェインレスインスタントコーヒー」を、

  • そもそもデカフェとは何か
  • マウントハーゲンのデカフェコーヒーをレビュー
  • マウントハーゲンのデカフェコーヒーを買える場所

の順にご紹介します。

安く・手軽に・家で、しかも”デカフェの””安全な”コーヒーを楽しみたいときは、マウントハーゲンのインスタントコーヒーがおすすめ。

インスタントとは思えない味のクオリティと99.7%のカフェインレスを両立した、一級品のインスタントコーヒーです。デカフェのインスタントコーヒーをどれにしようか迷っている方は、ぜひご一読ください!

そもそも、デカフェとは何か

デカフェとは、フランス語で「カフェインを取りのぞいたもの」を意味します。デカフェにできる飲み物はコーヒーや紅茶、緑茶などです。

その名の通り、製造されるときにカフェインが取りのぞかれていて、カフェインに敏感な方を中心に人気を集めています。

また、コーラやエナジードリンクなど、もともとカフェインを入れるものに「カフェインを加えないこと」もデカフェです。

デカフェについて詳しくは「デカフェとは?メリット・デメリットを解説!」をチェックしてみてください!

これから紹介するマウントハーゲンの「オーガニック カフェインレスインスタントコーヒー」は、ネスカフェやブレンディ、UCCなどと比べると有名ではないかもしれません。

実は、ドイツで作られたインスタントコーヒーで、日本ではあまりなじみがないのです。

ただ、そのこだわりと味は一級品。それでいて、カフェインは99.7%カットです。以下では、マウントハーゲンのデカフェコーヒーについて詳しくレビューします。

マウントハーゲンのデカフェコーヒーをレビュー

マウントハーゲンのカフェインレスコーヒーは、「インスタントコーヒーといえばコレ!」という形のビンに入っています。

mounthagen_01

オーガニック(ORGANIC)で、フェアトレード(FAIRTRADE)のコーヒーであることがわかりますね。

mounthagen_02

デカフェ(DECAFFENATED)の表記も、しっかりとあります。

mounthagen_03

右側には、コーヒーへのこだわりが書かれています。

mounthagen_05

左側は、フェアトレードについての説明です。

mounthagen_06

うしろを見ると、原材料が記載されています。

mounthagen_07

実は、「マウントハーゲン」はパプアニューギニアの地名です。そのためか、最も多く使われているコーヒー豆の原産はパプアニューギニアになっています。

JASマークつきで安心!

マウントハーゲンのカフェインレスコーヒーには、「有機JAS認定マーク」がついています。

mounthagen_04

有機食品のJAS規格に適合した生産がされていることを登録認定機関が検査し、その結果、認定された事業者のみが有機JASマークを貼ることが可能です。

この「有機JASマーク」がない農産物と農産物加工食品に「有機」や「オーガニック」などの名称の表示や、これと紛らわしい表示をつけることは法律で禁止されています。

有機食品の検査認証制度 – 農林水産省

JAS認定マークは、農林水産省が認定してはじめて表示できます。

生産工程における高い基準を満たし、高品質・安全な食品を提供している証拠がこのJASマークなのです。

ほとんどのインスタントコーヒーに、このJASマークはついていません。なぜなら、JASの規格が非常に厳しいからです。

かなり多くの、しかも厳しい項目を満たさなければ、JASマークは取得できません。

裏を返せば、JASマークがついている食品はそれだけ安心できるというわけです。

ここまで、マウントハーゲンのカフェインレスコーヒーについて、

  • JASマークつきのオーガニックで安心
  • フェアトレード製品
  • カフェイン99.7%カットのデカフェ

をご説明しました。

デカフェのコーヒーとして優秀なことはわかりましたが、気になるのは味ですよね。以下では、マウントハーゲンのデカフェコーヒーを実際に飲んでみます。

マウントハーゲンのカフェインレスコーヒーを飲んでみた

ここからは、実際にマウントハーゲンの「オーガニック カフェインレスインスタントコーヒー」を飲んでみましょう。

まずは、フタを開けます。アルミで密封されており、コーヒーの香りがきちんと閉じ込められていますね。

mounthagen_08

ペリッとフタを開けた瞬間から、コーヒーのかぐわしい香りがのぼってきます。

mounthagen_09

カフェインを取りのぞく処理をしているにも関わらず、これだけの香りが残っているのは有機農法で栽培した極上のコーヒーを、自然なカフェイン除去プロセスでデカフェにしているためです。

コーヒーの栽培から加工まで、手間を惜しまないマウントハーゲンの心づかいが、おいしいデカフェコーヒーを実現しています。

手軽でカンタンなインスタントコーヒー

何度かお伝えしましたが、マウントハーゲンのコーヒーはインスタントです。それでいて、開けた瞬間から香りが立ちのぼってくるほどの品質を保っています。

手軽で、かつおいしいカフェインレスコーヒーが飲めるのはうれしいですね!

それでは、実際にマウントハーゲンのデカフェコーヒーを飲んでみましょう。

まずは、先ほど開けたアルミのフタをキレイに取ってしまいます。こうすることで、できるだけ空気に触れさせることなく、保存することが可能です。

mounthagen_10

ここまで来たら、あとはカンタン。

マグカップにマウントハーゲンを適量いれて…

mounthagen_11

お湯を注げば完成です。

mounthagen_12

日本のインスタントコーヒーと比べると粒が大きめですが、サッと溶けるので心配しなくても大丈夫。

もはやスプーンで混ぜなくても溶けきるくらい、その溶けやすさはバツグンでした。

マウントハーゲン:編集部の感想

マウントハーゲンのデカフェコーヒーを実際に飲んだ、編集部の感想です。

  • ふつうのコーヒーと比べて、やや香りがマイルド
  • 他のカフェインレスコーヒーよりも、コクが深い
  • コーヒー独特の香りが取りのぞかれておらず、おいしい
  • 冷めても雑味・苦味が強まらない
  • 濃い目・にがめのコーヒーをデカフェで飲みたいときにピッタリ

最初はややもの足りない感じもしますが、何口か飲んでいくと、コクや味わいの深さが感じられるように。

夜などの、カフェインが気になる時間帯にも気にせず飲めて、かつクオリティも申し分ないコーヒーだと感じました。

また、ビン1本(100g)でコーヒーカップ30杯ほどになるので、1杯あたり36円ほどで飲めてしまうのもうれしいです!

持ち運びに便利なスティックタイプも

旅先でデカフェコーヒーを飲みたいときは、マウントハーゲンのスティックタイプもおすすめです。

マウントハーゲンのスティック、お湯とコップがあれば、どこでも手軽にコーヒーを楽しめてしまいますね。

マウントハーゲンカフェインレスコーヒーを買うには?

マウントハーゲンのカフェインレスコーヒーを買うためには、以下のような方法があります。

  • Amazon・楽天
  • カルディ
  • 成城石井
  • ナチュラルローソン

通販でも購入できるので、忙しいときでもデカフェのコーヒーを手に入れることができますよ。

マウントハーゲンで、おいしくデカフェな生活を

マウントハーゲンのカフェインレスコーヒーを紹介しました。

デカフェでありながら、ふつうのコーヒーに劣らないほどのクオリティで、ふだん飲むコーヒーとしても十分です。

「カフェインをとりたくないけど、コーヒーは飲みたい」というときには、マウントハーゲンのカフェインレスコーヒーを試してみてくださいね。